店の様子が一変していてビックリ

最近の街の文房具屋は実に色々な商品を扱っているのを知って驚きました。
数年前まで特殊なノートやボールペンの替えインクをよく買いに行っていた文房具店。電車で20分位の街中にあるその店には最近行っておらず(大体の買い物は通販や近所のホームセンターで済ませる様になった事もあり)、実に2年ぶりの訪問となったのです。
店頭からして何だかかつてと印象が違うなと思ったのですが、そこで大量に扱っていたのは何と折り畳み傘。それもコンビニで扱っている様な透明ビニル傘では無く、高品質の立派な傘で驚きました。そして店内に入るといきなり家具や装飾品といった豪華インテリアの数々。どうやら本格的な文房具はニーズの減少もあって階に移動してしまった様で、その代わり目立つ1階にはインテリアの他にも金庫やプレゼント用のラッピング、パズル等が並んでおり、一気に雑貨店のイメージを強く抱かせる内容となっていたのでした。
ただ2階に上がるとこれまで通りの文房具コーナーの姿があり、ちょっと安心。ここでしか購入出来ない幾つかの貴重な帳簿を買い求め、後にしたのでした。

Posted by 2016年2月15日 Category: 未分類